プロフィール

フォトアルバム
××

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月26日 (木)

千秋庵のド定番、ノースマン

北海道のお菓子と言えば、石屋製菓の白い恋人

しかし、ワタシが小学生の頃の、ご進物はなんといっても、【千秋庵

『山親爺』『月の石』などが有名ですが、定番は、『ノースマン』

Img_2034

最近バリエーションとして発売された、かぼちゃ味のノースマン

さらっとして、元祖の黒餡より控えめな甘さがいいですね

tamura

2014年6月25日 (水)

サッポロビール博物館 その3

サッポロビール博物館から徒歩1分

Img_2032

いよいよ、ビール園で25年ぶりのジンギスカンをいただきます

予約電話がつながらないほどの大人気、週末夕方が予約必至です

若い方ならいいかもしれませんが、我々飲み系の人間は、単品注文がオススメ

会場はゲストでいっぱい、オーダーもなかなか通りませんから(ピンポン無し)、一回でオーダーし、

とっとと食べるのが良し

ビニール袋がもらえるので、上着やバックは入れて、匂い対策します

Img_2031

雰囲気は充分盛り上がりますが、写真でもわかるとおり、店内はけっこうモヤっています

tamura

サッポロビール博物館 その2

Img_2024

すすきのから、タクシーで1300円くらい、サッポロビール園の中にある、【サッポロビール博物館】

今回は2階の広告コーナー

創業時からのポスターが展示されています

驚いたのは同じ女優さんが、83年(昭和59)と2008年(平成20)2度登場していること

25年の歳月を経て、美しさを保っていることに絶句

Img_2021

いよいよ一階で試飲です

ここでの期間限定オススメは、売切れ御免の

ファイターズ中田翔の【中田翔スペシャル】

博物館は18時閉館なので、早めに訪問しましょう

つづく

tamura

サッポロビール博物館見学へ その1

北海道開拓使が設置した官営のビール工場(1876年)が、サッポッロビールの前身です

創業の地にあるのが、【サッポロビール博物館

Img_2011

『麦とホップを製すればビイルとゆふ酒になる』

この樽を見ると気分が盛り上がるでしょう

左側には、小さいながら大麦、ホップが栽培されています

観光バスがガンガンくる観光地ですから、とにかく混んでいる

外国の方も多くいらっしゃいます

3階、歴史的な資料、原料標本

巨大な蒸留釜を見ながら、階段を下ると、広告関係の展示

1階が試飲&ショップ

写真撮影はOKです(ビデオはダメ)

Img_2013展示されているホップは香りをかぐことができます

1965年~2003年まで、実際に使われていた蒸留釜は大きい

  直径6.1メートル

これで煮沸してたんだから、すごい熱量だったんでしょうね

Img_2015

tamura

2014年6月24日 (火)

パ酒ポート、いよいよ発売

北海道の酒蔵、ワイナリーを巡る大人のスタンプラリー【パ酒ポート

いよいよ2014年版の発売です

Img_2030

1冊540円、さっそくGET

昨年より説明が充実

ニッカウヰスキー、余市蒸留所もしっかり入っています

明日は、サッポロビール博物館へ

tamura

軽井沢に想いをはせながら一杯

珍品に遭遇

【軽井沢14年】

140619_205903

ネックに『The Last Bottling』なんて書いてあると飲まないわけにはいかない

1999年蒸留、2013年瓶詰、50度オーバー

軽井沢蒸留所は閉鎖されていて現在は蒸留を行っていません

フレーバーが次々現れる感じではありませんが、ゆったりしたいい感じ

これみよがしのシェリー樽フレーバーなんて、いらないんですよ

好感持てる味わいです

12年でもなく、15年でもない、【14年】だからこその妙技をお楽しみください

tamura

天下一品おそるべし

6月にすすきのの南端に開店したラーメン店、【天下一品】が連日、列を作っています

並んで何かを食べる習慣のないワタシには、

140623_125838

『来月まで待てばいいのに・・・×将だって今なら待たないで入れるよ・・・・』

新し物好きの札幌市民気質なんでしょうね

みなさま、暑いのにご苦労様です

tamura

2014年6月19日 (木)

北海道ワインの300万円

今日の酒ネタといえば、断トツでコレ

ブドウ圧搾で300万円か、30万円か

3800キロのブドウを搾るだけで、300万円 (789円/㎏) が高いのか安いのかって裁判

何種類搾ったのか報道ではわかりにくいですが、原料を搾るのにこんなにコストかけたら、商品にならないような気は、素人ながらにする

搾る設備がないほどのマイクロ醸造所の弱みに付け込んでいるのか

感情的にコジレまくっているのか

商品化されることはなさそうですが・・・・・・

tamura

ニッカウイスキーの看板が新しくなりました

ススキノの一番大きな交差点に設置されたニッカウヰスキーの看板がリニューアルされました

140618_142400

嫁さんはサッカーざんまい

中継も、ワイドショーもサッカーばかり

まったく興味のないワタシには、だんだんと苦痛になってきました

そういえば前回はタコが勝敗を予想していませんでしたっけ?

札幌は記録的な雨天つづきでモヤモヤ

Img_2010

ゲンなおしに、プラモデルでもつくってみますが、設計図が細かすぎて見えませんよ

年だなあ

tamura

TRIPLE20(トリプル・トゥエンティ) のサービス一覧

TRIPLE20(トリプル・トゥエンティ)